Cape House Cape Nidhra hotel Cape Panwa Hotel Cape Racha Hotel  

結婚式の推薦状

 
サラさん、
プーケットで挙式をあげるのに私は大賛成です。私達夫婦はちょうど4月11日に式をしたばかりで、それはそれはすばらしいものでした。まだその興奮がさめません!

私達はケープパンワホテル(www.capepanwa.com)で式を挙げました。始めは一般的な型どおりの式なるかと本当に心配していましたが、終わってみれば特別で適度にプライベートを楽しめる希望通りのものとなりました。プーケットでは2週間を過ごし、そのうち式前にパトンビーチで5泊、ケープパンワホテルで5泊そして最後の3泊をカタビーチリゾートで過ごしました。島内を移動しての旅行は違ったロケーションを味わえて楽しく、まるで3回のミニ旅行を一度にやってしまったようでした!もっとカタビーチリゾートで過ごすことができたらよかったのです。カタビーチリゾートは愛らしくてカタビーチは私のお気に入りの場所になりました。しかし、ケープパンワで式を挙げたあとでは、カタビーチを特別な式場としておすすめすることはできません。もしどうしてもカタビーチで式をしたいのならばカタビーチリゾートをこえた場所にあるカタタニビーチリゾートをおすすめします。でもそこでもケープパンワには遠く及びません。(休暇で行くのなら、私もカタビーチリゾートに泊まると思います。ですが特別な結婚式の場合、という意味です。)

ケープパンワホテルはパトンビーチから車で45分ほどのところにあります。ですので、街中からは離れており、ホテルの近くにはレストランとバーが数件あるだけで他になにもありません。しかしホテルは大変美しく、スタッフも素晴らしく、招待客全員が楽しい時間を過ごせました。私達の式は土曜日でした。ケープパンワには木曜の午後に到着し、その最初の夜にたいへんおいしいディナーをトップオブザリーフ・レストランで、またカクテルをオッターズバーでいただきました。次の金曜日は日中をホテルのプライベートビーチで過ごし、夜にはケープパンワホテルと町をつなぐ丘の上にある地元のタイ料理レストランで私のための女性達により独身最後のパティーが開かれました。招待客の一人はプールビラに宿泊しました。部屋はとてもきれいで、プライベートのプールがついています。この部屋はぜひおすすめです。男性陣はビラのプールでパーティーをし、その後地元のレストランへくりだしたようでした。その後、ケープパンワホテルのバーのひとつであるザ・ライトハウスに行きました。ハッピーアワーも9時30分から始まっていて、カクテルを飲み、バンドミュージックを聞き、本当に楽しい夜でした。。

次の日はいよいよ結婚式当日。前日までは雨が降っており心配をしていました。式はほぼ屋外で行われる予定だったからです。しかし幸運にも当日は見事に晴れわたり、気分は最高潮になりました。私は幸せいっぱいで、とても安心しました。そして4月は1年で一番暑い季節になるので、なるべく遅い時間に式をあげることをおすすめします。私達は午後5時からケープパンワのビーチで行いました。すべてのものが神秘的に見え、スタッフは本当にすばらしい仕事をしてくれました。会場はビーチに立つパンワハウスという美しい中国とポルトガルのインテリアを施した一軒屋を使いました。私は階段に続く入り口を父と一緒に作りました。パンワハウスからビーチまでの道は招待客の方がつくってくれ、その先のビーチで夫が待っています。ビーチまでの長い道のりを父とSomewhere over the Rainbowという曲とともに歩きました。式を見ていたホテルのお客さんも一緒に拍手をしてくれました。この思い出は一生忘れられない特別なものです。

その後、ビーチでカクテルをのみ、小象が子供達のために登場してくれました(式には9人の子供達も出席してくれていました)。そしてパンワハウスのベランダで食前酒を飲み、パンワハウスに作られたディナーの席につきました(丸型のテーブルに8名ずつ)。料理はタイ料理でした。ブッフェではなく、各テーブルに出される形です。今まで食べた中で一番おいしいタイ料理です。お客さんもたいへんすばらしい式だと仰ってくれました。そしてその後ベランダでダンスパティーをしました。DJと照明つきのそれは、本当に楽しいものとなりました。

式の中で最も特別だった瞬間はおそらく、風船を打ち上げたときだたと思います。私達から各カップルに渡された風船があがる様子はそれはロマンチックでした。どこで結婚式をあげるに関わらずおすすめです。花火の打ち上げも行いましたが、風船の方がすてきだと思います。すべてのサービスが大変お手ごろな価格でした。もし私の住む町、オーストラリアのパースで式を行ったとしたら、花火をあげる余裕など決してなかったことでしょう。

式の翌日はホテルのマネージャーがパンワプリンセスボートを無料でチャーターしてくれました。ボートはまだ新しい大きな美しいボートで、昼食以外はすべて無料でサービスをしてもらいました。結婚式の招待客をボートに乗せ、コラール島への一日ツアーに出かけ、昼食は島でとることができました。式のあとにとてもすてきでリラックスのできる旅となりました。

もう一点、忘れてはならい招待客から大好評だったのが、ケープスパでした。結婚式のお客さんはスパトリートメントで50%の割引をしてもらいました。みんなケープスパを褒めちぎっていました。

すべてにわたるサービスがいかに完璧だったか、語っても語りつくせません。私はケープパンワのあまり人目につかない環境が式をプライベートで親密なものにしてくれたのだと思います。前にも言ったとおり、カタビーチもすてきですが、あまりに大きく人であふれているため、結婚式をあげるには適しません。ケープパンワのビーチについて唯一残念なのが、潮の満ち干の差が大変はげしいことです。午後になるとがらりと姿を変え、岩やベッドがむき出しになります。慣れればたいした問題ではないのですが。。

もしあなたがケープパンワホテルでの結婚式を考えているならば4泊すれば十分でしょう(式の前に2泊、式当日1泊、式後1泊)。そしてそのごお好きな場所にハネムーンに出かけることができます。またケープパンワホテルのすぐ近くにはカンタリーベイホテルという系列ホテルもあります。私達のお客さんの何人かはそのホテルに泊まりました。そちらも大変すてきなホテルで、ケープパンワとの間には無料シャトルバスもでています(距離にしたらすぐですが、間に急な丘をはさむため)。どちらかのホテルに宿泊すれば、もう一方のホテルの設備、プール、レストランやビーチを利用することができます。私のこの意見がみなさんのお役に立つことを祈っています。もしご質問があったら知らせて下さい。

みなさんに幸運を!
敬具
ミッシェル